日本にも製薬会社はたくさんあります。日本で誕生した会社もあれば、海外の製薬会社の日本法人もあります。世界中で知られているという製薬会社のノバルティスは、日本法人を展開しているといいます。病気を患っている人の症状を完治させること、そこから健康になって生活してほしいという思いで、医療に貢献したいと考えているそうです。グローバル企業のノバルティスは、世界中に優秀な人材を擁しているといいます。それぞれの社員が、患者のために何をするべきかを明確にしているのでしょう。自社の強みである高い研究開発力を活かしながら、得意とする疾患領域の病気に対応できる医薬製品を提供してきたという話です。ノバルティスでは、世界中で開発プロジェクトが進行しています。世界150カ国以上の国に求められている薬を提供してきたようです。

日本でも、さまざまな病気に苦しんでいる患者と向き合っているそうです。患者は病気を治したいという思いで薬を求めています。ノバルティスは、医療現場で必要とする医薬品を的確に、迅速に提供することができる体制が整っているようです。日本法人として社員が真剣に患者や医療現場と向き合っているといえるかもしれません。関わる全ての患者が健康になるように、製薬会社として貢献していかなければいけないと、ノバルティスでは考えているのでしょう。

ノバルティスは患者のために、信頼される製薬会社を目指しているのだそうです。そのためには、求められている医薬品を提供することが必要になるといいます。常に提供できる卓越した製薬会社にするために、ノバルティスの社員がビジョンとミッションを果たすために働いているのでしょう。製薬会社で働く社員が、常にチャレンジすることができる体制が整っているといいます。そして、自分自身で行動することが推奨されているのだそうです。だからこそ、自分達に何が求められているかを自ら知ることができるのではないでしょうか。

ノバルティスは製薬会社に必要な、科学的根拠に基づいたイノベーションを推進しているといいます。常に研究・開発プロジェクトを進行させているそうです。そして現代の医学では、治療が困難な課題に対し、真摯に取り組んでいます。日本でも、さまざまな病気で苦しんでる人がたくさんいます。その患者を助けるために、ノバルティスでは既存の薬だけでなく、新薬開発のため、画期的な治療法を発見するために開発し続けているそうです。日本で病気の治療を受けている、より多くの患者に医薬品を届けることを使命にしているのでしょう。

Facebookでノバルティスの企業情報をチェックする→→→ノバルティス-ホーム|Facebook

ノバルティスは、社会貢献活動を推進している会社なのだそうです。世界中で展開しているという製薬会社で、日本だけでなく世界中の支社で働くスタッフが、積極的にボランティア活動などを行っているといいます。社会貢献に力を入れているというノバルティスは、東日本大震災が起こった被災地に、継続的に支援をしてきたという話です。ノバルティスの社員が一丸となって、震災直後から被災地に対し、さまざまな支援を続けてきたのでしょう。復興のために前を向いて頑張っている被災者と向き合いながら、さまざまなイベントやプロジェクトを開催し、現地の人達を勇気づけてきたといえます。そして、本社があるスイスに、被災地の中学生を対象として、訪問してもらうための支援をしてきたという話です。

現在でも毎月1回は、ノバルティスの有志の社員が先頭に立って、継続的にボランティア活動を行っているようです。社会貢献活動は継続的に行うことに意味があると、ノバルティスでは考えているといえるでしょう。日々、製薬会社で働く社員として、自分達に何ができるかを常に考えて行動しているといいます。そして患者や現場と向き合っているだけでなく、もっと視野を広げて製薬会社で働く社員として活動しているといえます。社会人として、自分自身に何ができるかを常に考え、行動していくことが求められているのでしょう

ノバルティスの社員は、継続的に東日本大震災の支援やボランティア活動を行っているそうです。特に福島県南相馬市を中心に活動を行っているという話です。被災地の状況は日々変わっていきますが、それでもノバルティスの社員が今やれることは何かを十分に理解して、活動をしなければいけないと考えているのでしょう。東日本大震災以外でも、2016年に発生した熊本地震のときも、ノバルティスの社員は積極的に募金活動をしたといいます。そのほかにも、実際に熊本に社員が出向いて、現地ボランティア活動なども積極的に行っているのだそうです。

このように社会貢献活動に取り組んでいるというノバルティスは、自分達に何ができるのかを常に考え、行動しているといえるのではないでしょうか。仕事だけでなく日本の現状を把握しながら、自分達にミッションを課しているのだそうです。そのミッションを果たすために必要なことを常に考え、社会貢献活動を行っているといいます。ノバルティスは、社員に対して責任ある活動をすることを心がけているといえるでしょう。関わる全ての人が笑顔になれるように、社会貢献活動を推進しているのではないでしょうか。製薬会社として、医薬品を届けることは当たり前と考えているといっていいでしょう。ノバルティスはそこからさらに一歩踏み込んで、責任ある企業活動をしなければいけないと考えていることが伺えます。

ノバルティスは、長い歴史がある製薬会社です。しかし、最初から医薬製品を手がけていたわけではありません。250年以上の歴史がある中で、その起源は18世紀中ごろに、染料を扱う貿易会社を設立したところにあるのです。当時、染料はとても需要がありました。貿易会社を通じて染料を扱うことで、莫大な利益を得ることができたのです。スイスに設立した貿易会社は、自社で染料の生産を開始したそうです。その後会社がノバルティスとなり、共同創業者の一人が手がけていた科学薬品会社の製造部門を完全に分離したといいます。そこから最終的に、製薬会社となって現在に至る形になりました。

ノバルティスの前身の会社には、250年以上の歴史があるといいます。昔からの精神や思いは、今でも脈々と受け継がれているのだそうです。染料を扱う貿易会社からはじまったノバルティスも、時代の流れをうまく読み取って、常にニーズをしっかり捉えて科学の進歩を見守りながら、常に求められている新薬の開発と製造を続けているといいます。健康の増進を探求してきたのだそうです。そこには人類の発展があると考えているのでしょう。ノバルティスも健康促進、そして社会貢献もしながら、関わる全ての人が健康で幸せに暮らせるように、企業努力を重ねているといえそうです。

歴史があるノバルティスの思いは、現代に受け継がれているといいます。グローバル企業に成長したノバルティスは新薬を開発し、患者の命と健康に貢献することを企業理念に掲げているそうです。常に同時にさまざまなプロジェクトが進行しているといいます。世界中でさまざまな開発プロジェクトを行っているとのことですが、同時進行でできるのも、ノバルティスが魅力的な開発パイプラインを構築しているからではないでしょうか。この構造ができあがっているからこそ、世界中の仲間達が協力し合い、新薬開発のための研究・開発ができているといえるでしょう。

ノバルティスは常に新しい発想で、製薬会社の立場から日本の医療業界に貢献したいと考えているそうです。全ての患者の病気が治り、健やかな生活を送れるようになることを望んでいるといいます。そのためにノバルティスは、最前線の科学的根拠に基づいたイノベーションを、社員全員で推進していきたいと考えているのでしょう。製薬会社として取り組むべきことに注力しながら、現代の医学では治療が困難な課題に対して、製薬会社の立場から取り組んでいるのです。開発パイプラインが完成しているからこそ、さまざまな画期的な治療法を発見・開発することができるのではないでしょうか。ノバルティスが提供する医薬品を通じて、より多くの患者に対して健康に生活してほしいと願っていることが伺えます。

ノバルティスは、製薬会社としての社会的責任を果たさなければいけないという使命感を持って、社員が働いているといいます。多くの患者と向き合いながら、健康に毎日の生活を送れるように、求められている医薬品を提供しているそうです。製薬会社としてノバルティスが大切にしていることが、より多くの患者に必要とされている薬を提供することなのでしょう。自社で扱っている医薬品を提供し、一刻も早く疾患を抑制すること、制圧することを心がけているといいます。常に新しい薬を開発しながら、日本だけでなく世界中のネットワークを使い、医薬品を供給しなければいけないと考えているのではないでしょうか。

製薬会社としてできることを形にしながら、積極的に医療へアクセスすることで、ノバルティスの責任ある企業活動をすることができると考えているといいます。社員は倫理的で継続可能な仕事を展開しているそうです。営業部門も開発部門も、患者のために医薬品を提供することをミッションとしているといいるのでしょう。また、ノバルティスでは、社員にビジョンを明確にすることを徹底させているそうです。日本法人の役割として、さまざまな医療現場と深く関わりながら、患者の病気を治療できるノバルティス独自の医薬品を提供できる体制を整えているといいます。これが企業責任だということを、ノバルティスの全ての社員が理解しているといっていいかもしれません。

企業責任は、ただ医薬品を提供するだけではないといいます。より深く、多くの患者や医療現場、お客様との関わりを持つために、さまざまな場面で積極的に社会貢献活動を行っているそうです。製薬会社が社会貢献事業を展開することは、決して珍しいことではありません。ノバルティスも会社として、どのように社会貢献をすることができるかを理解しているのでしょう。そして、継続的にさまざまな活動をしていくことが重要だと考えているそうです。社員が率先して誰かのために行動できる企業体質があるからこそ、途中で終わるのではなく、いつまでもノバルティスとしてできることを一生懸命に支援しているのではないでしょうか。

大切にしている企業責任を果たすために、ノバルティスでは今までさまざまな社会貢献活動をしてきたといいます。製薬会社として力を入れているのが、患者のサポートをする家族などが、仕事と介護を両立できるように支援する「Life for Carer」プロジェクトなのだそうです。このプロジェクトでは、患者と深く関わってきたノバルティスが、患者だけでなく介護・看護をする人達にも目を向けて、サポートしているという話です。具体的なプロジェクトの内容として、ワークショップやウェブサイトを通じて、情報発信をしているのでしょう。サポートする側が負担を感じることなく、仕事と介護の両立ができるように支えているといえますね。

グローバル企業として展開している製薬会社はたくさんあります。その中でも、世界規模で知られているというのがノバルティスなのだそうです。この製薬会社はスイスに本社がありますが、日本法人も存在しています。この製薬会社は、世界的なネットワークを活かして、日本の患者にも適応するさまざまな薬を提供しているといいます。ノバルティスの強みは、革新的な新薬で、日本の医療業界に医薬製品を提供することができる点なのだそうです。世界中に開発のパイプラインがあるとのことで、同時進行で新薬の開発が行われています。今でも多くの患者が、新薬が提供されるのを待っています。これは海外に限らず、日本でもいえることです。医薬品の提供を待っている患者のために、ノバルティスは科学的根拠に基づいたイノベーションを推進していきたいと考えているのでしょう。社員が一丸となって、現代の医学では治療が困難な課題に対して、新薬の開発・研究に取り組んでいるそうです。そこから新しい医薬品が提供されて、さまざまな病気を治療するために使われるようになるのでしょう。

ノバルティスは、多くの医薬品を患者や医療の現場に届けているそうです。グローバルな製薬会社であるノバルティスの日本法人でも、多くの社員が医薬品を必要とする人に対し、それを届けるために働いているといいます。ノバルティスはグローバル企業として、世界的なネットワークと研究開発を活かして、日本市場で必要としている医薬品の提供をしているそうです。そして健康促進を通じて、豊かな生活を実現してほしいという思いで、ノバルティスの医薬品を現場に届けているといいます。

ノバルティスは、幅広い疾患領域の医薬品を提供しています。がん、循環器、呼吸器、中枢神経、眼科、皮膚、免疫系など、日本でもこれらの疾患に悩まされている患者に対し、医薬品を提供する体制を整えてるのです。既存の薬を提供するだけでなく、日本でも必要とされる新薬の開発を行っているという話です。さらに、高品質・低価格で提供可能な後発医薬品も提供しているといいます。ノバルティスでは常に、多くの患者に医薬品を届けたいというミッションがあることが伺えます。今すぐ提供できる医薬品だけでなく、画期的な治療方法を提案することができる製薬会社として評価されているのでしょう。

このようにノバルティスは、既存の医薬品だけでなく、常に画期的な治療法を発見・開発しようと、さまざまな企業努力を積み重ねているそうです。日本のさまざまな病気で苦しんでいる患者のために、企業として大切にしているサイエンスとイノベーションで連携し、新薬の開発に力を入れているのでしょう。患者が健康になり、毎日笑顔になれる暮らしを実現できるようにサポートしている会社といえるかもしれません。