社会貢献活動を推進しているノバルティス

ノバルティスは、社会貢献活動を推進している会社なのだそうです。世界中で展開しているという製薬会社で、日本だけでなく世界中の支社で働くスタッフが、積極的にボランティア活動などを行っているといいます。社会貢献に力を入れているというノバルティスは、東日本大震災が起こった被災地に、継続的に支援をしてきたという話です。ノバルティスの社員が一丸となって、震災直後から被災地に対し、さまざまな支援を続けてきたのでしょう。復興のために前を向いて頑張っている被災者と向き合いながら、さまざまなイベントやプロジェクトを開催し、現地の人達を勇気づけてきたといえます。そして、本社があるスイスに、被災地の中学生を対象として、訪問してもらうための支援をしてきたという話です。

現在でも毎月1回は、ノバルティスの有志の社員が先頭に立って、継続的にボランティア活動を行っているようです。社会貢献活動は継続的に行うことに意味があると、ノバルティスでは考えているといえるでしょう。日々、製薬会社で働く社員として、自分達に何ができるかを常に考えて行動しているといいます。そして患者や現場と向き合っているだけでなく、もっと視野を広げて製薬会社で働く社員として活動しているといえます。社会人として、自分自身に何ができるかを常に考え、行動していくことが求められているのでしょう

ノバルティスの社員は、継続的に東日本大震災の支援やボランティア活動を行っているそうです。特に福島県南相馬市を中心に活動を行っているという話です。被災地の状況は日々変わっていきますが、それでもノバルティスの社員が今やれることは何かを十分に理解して、活動をしなければいけないと考えているのでしょう。東日本大震災以外でも、2016年に発生した熊本地震のときも、ノバルティスの社員は積極的に募金活動をしたといいます。そのほかにも、実際に熊本に社員が出向いて、現地ボランティア活動なども積極的に行っているのだそうです。

このように社会貢献活動に取り組んでいるというノバルティスは、自分達に何ができるのかを常に考え、行動しているといえるのではないでしょうか。仕事だけでなく日本の現状を把握しながら、自分達にミッションを課しているのだそうです。そのミッションを果たすために必要なことを常に考え、社会貢献活動を行っているといいます。ノバルティスは、社員に対して責任ある活動をすることを心がけているといえるでしょう。関わる全ての人が笑顔になれるように、社会貢献活動を推進しているのではないでしょうか。製薬会社として、医薬品を届けることは当たり前と考えているといっていいでしょう。ノバルティスはそこからさらに一歩踏み込んで、責任ある企業活動をしなければいけないと考えていることが伺えます。