歴史があるノバルティス

ノバルティスは、長い歴史がある製薬会社です。しかし、最初から医薬製品を手がけていたわけではありません。250年以上の歴史がある中で、その起源は18世紀中ごろに、染料を扱う貿易会社を設立したところにあるのです。当時、染料はとても需要がありました。貿易会社を通じて染料を扱うことで、莫大な利益を得ることができたのです。スイスに設立した貿易会社は、自社で染料の生産を開始したそうです。その後会社がノバルティスとなり、共同創業者の一人が手がけていた科学薬品会社の製造部門を完全に分離したといいます。そこから最終的に、製薬会社となって現在に至る形になりました。

ノバルティスの前身の会社には、250年以上の歴史があるといいます。昔からの精神や思いは、今でも脈々と受け継がれているのだそうです。染料を扱う貿易会社からはじまったノバルティスも、時代の流れをうまく読み取って、常にニーズをしっかり捉えて科学の進歩を見守りながら、常に求められている新薬の開発と製造を続けているといいます。健康の増進を探求してきたのだそうです。そこには人類の発展があると考えているのでしょう。ノバルティスも健康促進、そして社会貢献もしながら、関わる全ての人が健康で幸せに暮らせるように、企業努力を重ねているといえそうです。

歴史があるノバルティスの思いは、現代に受け継がれているといいます。グローバル企業に成長したノバルティスは新薬を開発し、患者の命と健康に貢献することを企業理念に掲げているそうです。常に同時にさまざまなプロジェクトが進行しているといいます。世界中でさまざまな開発プロジェクトを行っているとのことですが、同時進行でできるのも、ノバルティスが魅力的な開発パイプラインを構築しているからではないでしょうか。この構造ができあがっているからこそ、世界中の仲間達が協力し合い、新薬開発のための研究・開発ができているといえるでしょう。

ノバルティスは常に新しい発想で、製薬会社の立場から日本の医療業界に貢献したいと考えているそうです。全ての患者の病気が治り、健やかな生活を送れるようになることを望んでいるといいます。そのためにノバルティスは、最前線の科学的根拠に基づいたイノベーションを、社員全員で推進していきたいと考えているのでしょう。製薬会社として取り組むべきことに注力しながら、現代の医学では治療が困難な課題に対して、製薬会社の立場から取り組んでいるのです。開発パイプラインが完成しているからこそ、さまざまな画期的な治療法を発見・開発することができるのではないでしょうか。ノバルティスが提供する医薬品を通じて、より多くの患者に対して健康に生活してほしいと願っていることが伺えます。