ノバルティスの企業責任

ノバルティスは、製薬会社としての社会的責任を果たさなければいけないという使命感を持って、社員が働いているといいます。多くの患者と向き合いながら、健康に毎日の生活を送れるように、求められている医薬品を提供しているそうです。製薬会社としてノバルティスが大切にしていることが、より多くの患者に必要とされている薬を提供することなのでしょう。自社で扱っている医薬品を提供し、一刻も早く疾患を抑制すること、制圧することを心がけているといいます。常に新しい薬を開発しながら、日本だけでなく世界中のネットワークを使い、医薬品を供給しなければいけないと考えているのではないでしょうか。

製薬会社としてできることを形にしながら、積極的に医療へアクセスすることで、ノバルティスの責任ある企業活動をすることができると考えているといいます。社員は倫理的で継続可能な仕事を展開しているそうです。営業部門も開発部門も、患者のために医薬品を提供することをミッションとしているといいるのでしょう。また、ノバルティスでは、社員にビジョンを明確にすることを徹底させているそうです。日本法人の役割として、さまざまな医療現場と深く関わりながら、患者の病気を治療できるノバルティス独自の医薬品を提供できる体制を整えているといいます。これが企業責任だということを、ノバルティスの全ての社員が理解しているといっていいかもしれません。

企業責任は、ただ医薬品を提供するだけではないといいます。より深く、多くの患者や医療現場、お客様との関わりを持つために、さまざまな場面で積極的に社会貢献活動を行っているそうです。製薬会社が社会貢献事業を展開することは、決して珍しいことではありません。ノバルティスも会社として、どのように社会貢献をすることができるかを理解しているのでしょう。そして、継続的にさまざまな活動をしていくことが重要だと考えているそうです。社員が率先して誰かのために行動できる企業体質があるからこそ、途中で終わるのではなく、いつまでもノバルティスとしてできることを一生懸命に支援しているのではないでしょうか。

大切にしている企業責任を果たすために、ノバルティスでは今までさまざまな社会貢献活動をしてきたといいます。製薬会社として力を入れているのが、患者のサポートをする家族などが、仕事と介護を両立できるように支援する「Life for Carer」プロジェクトなのだそうです。このプロジェクトでは、患者と深く関わってきたノバルティスが、患者だけでなく介護・看護をする人達にも目を向けて、サポートしているという話です。具体的なプロジェクトの内容として、ワークショップやウェブサイトを通じて、情報発信をしているのでしょう。サポートする側が負担を感じることなく、仕事と介護の両立ができるように支えているといえますね。